大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

2013年11月

  • 〔症状〕

    2年ほど前から右耳にせみが鳴くような耳鳴りが起こりだした。それと同時期に夜中に3~4回トイレで目が覚めるようになる。

    耳鼻科に半年通ったがまったく効果はあらわれず、頻尿のほうも薬を飲んで少しましな程度。

    当院の患者様に紹介され、何もしないよりましと思い、遠方で通うのに時間がかかるが来院することを決断される。

    〔治療〕

    脈診、体表観察から腎虚症と診断する。その日に一番反応の強いツボに長いめの置鍼を行う。

    生活面の養生として甘いものは体を冷やすので控える事、足がかなり冷えているので毎日足首までの足湯を20分行うことを守っていただきました。

    週1回の治療を10回したところでだんだん耳鳴り、頻尿とも程度が軽くなってきだし、17診目にはほぼ消失しました。

    〔感想〕

    週1回の治療をすごく楽しみにしておられましたが、治ったときはうれしい反面、通えなくなるのが少し寂しいとおっしゃっていました。

    体調管理のために1ヶ月に1度ぐらいのペースで通っていいですよというと満面の笑みで「是非そうします!」との声。

    こうやって一人でも多くの方の笑顔を取り戻せるよう今後も治療を続けていきたいと思います。

  • 〔症状〕

    2週間前から頻繁に嘔吐があり、それに伴って頭が割れそうな頭痛が続いている。

    1日中パソコンの仕事というのが嫌で嫌で仕方ないが、すぐに辞める決断ができず過度のストレスがかかり症状が出たものと思われる。

    〔治療〕

    体表観察をしてみると頭にある百会というツボと右の手首の少し上にある内関というツボにかなり強い熱の反応がありました。

    過度のストレスからひどい肝鬱が起こった反応である。

    初診:精神を安静させることと胸の詰まりをとる目的で右内関に置鍼をした。みるみる楽になり安心したせいか涙がこぼれてくる。

    治療終了時に 「絶対治るから安心しときや。」と声をかけるとまた泣き出してしまった。

    2診目:3日後に来院されましたが嘔吐はまったくなくなったとのこと。頭痛もペインスケールで10→4まで減少した。

    この日は配穴は、気の上逆をとるため百会を使った。

    3診目:1週間後の来院でしたが、かなり楽になったようで笑顔でお話されていました。

    治療は2診目同様に行った。

    〔感想〕

     初診の問診時に泣きじゃくっていたので、他の患者さんに「先生、女の子泣かしたらあかんでー」と冷やかされたぐらいでした。

    あまりにも精神状態が悪かったのでちゃんと治療に来てくれるか心配でしたが、治療もうまくいき「遠いけど通ってよかったです。これからも何かあったらよろしくお願いします。初診のときは泣いてばかりですいませんでした。」と最後に笑顔で帰って行きました。

    どこに行っても良くならなかった方はまだまだたくさんおられます。1人でも鍼のすばらしさに気づいていただけるよう頑張っていきます!

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。