大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

夜泣き

  • 〔初診日〕平成27年9月10日

    〔症状及び状況〕

    産まれてからずっと夜から朝まで起きずに寝たことが無い。

    最近は朝の4時までかんしゃく(甲高くキーキー、大声でわめく)を起こしていて家族もうるさすぎて眠れない状態。

    保育所での昼寝の時間を短くしてもらったりといろいろ工夫してみるものの効果は無く夜泣きしてしまう。

    〔治療及び経過〕

    初診

    問診すると食事でかなりの量を食べており、それに加えおやつもあげていた。

    お腹を診ると季肋部がカチカチに張って膨隆していて、背中も膈兪穴から胃兪穴まで棒を入れたようにカチカチになっていた。

    完全に食べすぎから季肋部が停滞して起こった症状である。

    足の胃経で最も反応の強く出ていた経穴に少し手技を加えながら瀉法を行った。

    それに加え、腹部打鍼で季肋部の停滞を取るようにした。

    もちろん、家での養生は食べ過ぎないよう食事中に泣いても我慢してもらうようお願いしました。

     

    2診目

    寝つきが良くなり、すっと寝てくれたが、夜中の2時に目が覚めてそれから4時まではいつも通りの泣きっぷりだったようです。

    初診時の治療に加え、背部に小児用の鍼で赤味が出る程度に擦る様な鍼を行った。

     

    3診目

    少し早めの夜7時半に寝て10時半に目が覚めてしまった。中途半端に寝てしまったのでこの日は夜泣きを覚悟していたそうですが、12時に寝て朝7時までぐっすり寝てくれたそうです。

    治療は同様。

     

    4診目

    前回から3日空いたが夜泣きすることなく順調に寝てくれているとのこと。

    調子がいいので徐々に治療間隔をあけて来ていただくようにしました。

    現在は夜泣きが出た時以外にも風邪ひきや嘔吐などいろいろな症状の時にも来院されています。

     

     

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。