大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

  • [初診日] 平成28年1月14日

    [主訴及び状況]

    3年前から出勤するとき電車に乗ると必ず下痢が起こるようになる。

    当初は次の停車駅まで10分ぐらいの急行なら何とか我慢できていたが、だんだん悪化していき初診時では各駅停車の1駅ごとに降りてトイレに駆け込むといった状態。

    不安感が込み上げてきて胸から頭が熱くなり、汗で服がびしょびしょに濡れてしまう。(着替えは必ず持参していた)

    仕事場につくと便意は収まり何ともなかったように生活できる。

    正露丸やビオフェルミンなどの薬はいろいろ試してみるが一向に効き目は感じられなかった。

    家庭の事情でストレスを多く抱えているところに仕事で新たなプレッシャーがかかった時に発症した。

     

    [治療および経過]

    問診時の話し方は非常に早口でとにかく焦っているのが伝わってくる。

    ツボの反応だが別段胃腸が弱っている反応はない。

    心窩部がカチカチに張り、百会穴と神道穴に強い圧痛があった。

    肝鬱を取り上部の気の停滞を動かすことを主眼に置いて治療した。

     

    [初診~10診]

    各駅で降りることはなくなったが電車に乗るとおなかが痛くなり便意を催す。

    不安感は半分ぐらいになり調子のいい日は噴き出す汗は無くなった。

     

    [11診~20診]

    電車に乗ったときお腹は痛くなるが我慢できるようになってきた。

    一応痛くなった時は途中下車するがトイレに行かずに済んでいる。

    不安感はほぼなくなり、だいぶ自信がでてきたとのこと。

     

    [21診~45診]

    多少体調に波はあるが途中下車することは無くなり、出勤することの恐怖はもうないとのこと。

    先日京都まで特急に乗ってみたが、乗ってすぐ不安感が襲いお腹が痛くなりかけたがすぐにその感覚もなくなり無事観光できた。

    症状は治まったが、家庭環境の都合でどうしてもストレスがたまるので体調管理のため2週間に1度来院されています。

     

     

     

     

     

     

     

  • 〔主訴及び状況〕

    25歳ぐらいから頻繁に下痢を繰り返し、28歳ぐらいから通勤時に電車に乗ると必ずお腹が痛くなり、ひどい時は一駅ごとに降りてトイレに行く。しかし、帰りの電車では下痢は起こらない。

    技術系のお仕事なので失敗できないという緊張はかなりあるそうです。

    母が昔から病気がちで体調が悪くなると看病に追われる。父と弟がまったく手伝ってくれない苛立ちも溜まっている。

    ストレスを食べることで発散している。(アイス、スナック菓子など)

    〔治療〕

    脈診や体表観察をしていくとお腹の弱りよりもストレス反応のほうが目立っている。肝鬱>脾虚で配穴していく。

    1~5診したところで通勤時に毎駅ごとに降りることはなくなり、お腹が痛くなっても我慢できるようになった。

    10診目では便がしっかりとした形なってきだし、よほどのストレスが無い限り通勤時の腹痛はなくなってきた。

    もう少しでうちも卒業やねと話していた矢先、母の体調が悪くなり看病をするようになってからまた通勤時の腹痛が始まった。

    しかし、程度は初診時と比べて軽いもので会社についてからトイレに行くぐらいのものでした。

    それから2ヶ月ほど看病が続いていたが腹痛・下痢が出たのは初めの10日ぐらいで、後は調子よく過ごせている。

     

     

  • 以前から体調が悪くなると小児鍼を受けに来院されていたAちゃんです。

    朝起きてから気分が悪く、お母さんから学校休んだら?といわれても「いとうさんにいって楽になったら学校に行くねん!」といって聞かないそうです。

    頼りにしてくれているのはうれしいのですが、なんとも責任重大な症例でした(笑)

    〔主訴及び現在の症状〕

    朝起きたときから胃がムカムカして吐きそうな感じが続いた。

    体がだるく、顔色が黄土色に変色し生気が感じられない。

    消化の悪いものや古くなったものを食べた覚えはない。

    〔原因及び治療〕

    腹診をすると上腹部と側腹部がカチカチになっている。背部の触診では心肝の診断点が筋張って圧痛がある。

    体だけ見るとストレス・我慢が多くなって肝鬱が強くなっている症状かと思われる。

    だが、本人に「最近家とか学校とかで嫌なことあったり我慢せなあかんことある?」と聞いてみても「そんなん別にないなー。」と何の迷いもなく回答した。

    もう一度よく体表観察を行いストレスからくるものなのか、胃の弱りからくるものなのかを判断するもやはりストレスからくるもので間違いはない。

    その時連れてこられたのはおばあちゃんだったがこの子の性格をいろいろ聞いてみると今回の症状が出た原因がはっきりわかってきた。

    とにかく几帳面で何事もきっちりしないと気がすまない。

    普段から思ったことは口にしないタイプで自分さえ我慢していればうまくいくと思っている。

    これを聞いたとき間違いなく肝鬱症状だと判断し、一番反応の強く出ていた経穴から瀉法で邪気を抜き取りました。

    10分ほど休憩してもらっていると「めっちゃ楽になってきた!学校行ってくるわ。」といって喜んで院から帰っていきました。

    〔感想〕

    もしストレスからくる症状なのに胃弱の経穴を選んでしまう、逆に胃弱の症状なのにストレスを抜く経穴を選んでしまうとまったく治らないどころか悪化してしまうことがあるので慎重に体表観察を行い選穴、刺鍼を行いました。

    本人があまりストレスを感じていないのはもともとの性格によることが大きな要因になっているようです。しかし、体は正直で知らぬ間にストレスが溜まり、肝鬱がきつくなっていたようです。

    これからも本人が気づかぬうちに体調が悪くなる可能性があるので、顔色が悪くなってきたり口数が減ったりしたら早い目に来院していただくようにお願いしておきました。

     

     

     

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。