大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

  • 【主訴及び状況】  

    初診 2018年 5月28日

    2年前に右顎から頬、耳の下まで少し口を開けるだけで電撃が走るような痛みが続いたため病院に行くと三叉神経痛と診断を受けた。
    その時は投薬治療で落ち着いていたが(痛みは残っていた)2ヶ月前からまた激痛が走るようになり知人に紹介され来院された。

    【治療及び経過】

    問診、体表観察より脾胃の弱りからくるものと判断しました。
    6診後にはほぼ痛みがなくなり治療間隔を空けようとした矢先、雨が長い間続いたためまた脾胃が弱り痛みがぶり返してきました。
    その後も連続の台風など湿気が多い数ヶ月でしたが鍼の番手、刺し方を工夫することで早期に治癒されました。

  • 〔主訴及び状況〕

    1年ぐらい前から細かい動作(物を取ろうとしたときや針仕事をするときなど)をしようとすると、肘から先が固まったようになり震えてくる。

    ひどい時は指が固まり曲げにくいときがある。

    姑と夫と話をすると、とたんに顔や口の中が熱くなりだんだんこわばってしゃべりにくくなる。

    姑と考え方が合わずストレスを溜めているのを夫にわかってもらおうとするが、逆に姑の肩を持ち言い返されてしまう。

    自分の時間を過ごしているときや外出しているときは震え・こわばりも無く快調である。

    病院でリュウマチの検査をして、その可能性があるといわれ薬を処方され飲んでいるが、症状は一向に変わらない。

    〔治療〕

    ストレスが溜まりすぎたため肝気が上逆して起こった症状です。肝気が昂ぶりすぎたために胃の不調も加わり、口の症状も同時に起こっています。

    肝の昂ぶりを抑えるツボの中で、その日最も反応の強いところを選穴し治療していきました。

    初診のとき、刺鍼してすぐに「口の中の熱いのが消えていってます!」との声。

    治療後も、絡まってた体がほどけたようですと自分なりの表現で楽になったことを伝えてくださいました。

     治療をするたび手の震えや顔のこわばりがとれていき、今では姑さんと話をするときに少しのぼせる感じが出る程度で普段の生活では症状が出ることは無くなりました。

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。