大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

めまい

  • 【主訴及び状況】

    2年前、私生活のストレスや仕事の悩みが重なり抑鬱傾向にあった。
    そんなとき仕事に行く途中の電車内で急に息苦しさ、ふらつき、動悸を覚えた。
    最初は疲れがたまっていてその日だけ調子が悪かったのだろうと思っていたが、だんだん発作的症状が起こる回数が多くなってきた。
    友人などの話を聞いていたこともあり心療内科や薬に頼りたくないと鍼灸での治療を考え当院に来院された。

    【治療及び経過】

    胸の熱感、季肋部の詰まりが顕著にみられた。上背部の反応点を主な治療点とし胸・季肋の鬱滞を取り除きその後、手足に引鍼を施した。
    発作が無くなるまで週2回来院していただいた。薬を服用していなかったことに加え、養生法をきっちり守ってくださったので約1カ月半で発作が取れました。
    それからは10日に1回ほどのペースで来院し、仕事復帰もスムーズにでき喜んでおられました。

  • 【主訴及び状況】

    年末から朝起きると目の前がぐるぐると回転するような眩暈が起こり始めた。
    だんだん日中も起こるようになり生活にも支障が出てきたので病院を受診された。
    そこでメニエール症候群と診断を受け薬を服用することになる。
    多少症状は治まったものの眩暈は続き、とうとう食欲もなくなり嘔吐するようになってきた。

    【治療及び経過】

    年末は忘年会などで食べ飲み過ぎが続き、お腹に水毒や湿邪が溜まっていたのが原因です。
    それらを捌くよう治療をするとつかえていたものが嘔吐として吐き出され一気に眩暈が軽くなりました。
    後は胃腸が弱っていたので食欲が戻ってくるまで3回治療し終了しました。

  • ・3年前に高速道路を運転中、手から上半身の血の気が引く感じになった。 

    ・呼吸が浅くなり、頭がフワフワしだしたので車を止め少し休憩した。

    ・10分ほど休んでいるとだんだん呼吸もしやすくなり引いていた血の気も戻ってくる感じがあったのでその日はそのまま帰宅することにした。

    ・次の日から胸に詰め物をしたような感じが常にある状態になり、急に激しい不安感が襲うようになった。

    ・病院では逆流性食道炎と診断を受け薬を服用していたが全く症状は変わらなかった。

    ・知り合いに聞いて他院にて鍼灸治療を週一で一年半通ったがそれでも症状は変わらなかった。

    ・それから漢方薬に切り替え、少し不安感はましになったが胸の詰まりは変化なし。

    【治療及び経過】

    問診の時点で便秘が解消されれば治る旨をお話させていただきました。
    その上で小麦粉系の食べ物、甘いもの、カフェインを摂らないようお願いをしました。(これらの食べ物は気を昇らせるためパニック障害などの症状がある方は控えていただいています。)

    週2回の治療を続けているとどんどん便が出るようになりました。体調に波はあるものの症状はみるみる改善され半年後には不安感は全くなくなり遠出もできるようになりました。

    たまにお菓子や外食をすると少し胸の詰まりがでるためメンテナンスとして来院されています。

  • 【主訴及び状況】

    1年前から通勤時に電車に乗ると胸がザワザワするようになった。初めはすぐにおさまるので気にしていなかったが、ある日ザワザワ感が急にきつくなると同時に呼吸が浅くなり足に力が入らず立っていられなくなって倒れてしまった。

    30分程休んでいると楽になったのでただの貧血だろうと思っていたが、次の日からさらに症状が酷くなり不安感・動悸・呼吸ができないといった症状が頻発するようになる。

    病院、心療内科に通うも薬が増えるばかりで改善しないので何か治療法はないかと探していたところ当院のホームページの症例をご覧になっていただき来院されました。

    【治療及び経過】

    初診 平成29年8月8日

    仕事やプライベートのことで絶えず考え事があったため(本人はストレスとは感じていなかった)気血が常に体の上部に昇っており、慢性的に上実下虚の状態になっていたのが原因です。

    まずは気を下に降ろし呼吸ができる状態にして日常生活で不安を起こさせないようにします。
    それから、体の過緊張、便秘などを取り除いていき今後パニック障害が出にくい体作りをしていきました。

    週2回の治療を約半年続けていただき、今は仕事に復帰できました。
    一回パニック障害になるとまたでないかと不安になるので月に一回メンテナンスとして来院されています。

  • 【主訴及び状況】
    ・3年程前、1日に10回ぐらい下痢をする日が続いた。それから体温調節がうまくできず極度の寒がりになった。

    ・スーパーのレジで並んでいると突然過呼吸のようになり、息ができず全身が痺れだした。その後からソワソワ感、不安感、めまい等の症状が続くようになった。

    ・3年間、遠出はもちろん近くに出掛けてもすぐに帰りたくなり家から出るのが億劫になってしまった。

    【治療及び経過】
    週2回の治療で順調に回復し、13回目で近所に出掛けたり買い物をするのが問題なく行えるようになった。
    それで自信がついたのか、その後すぐ帰省するのに電車に乗らないといけなかったがパニック症状が出ることなく帰ることができた。
    急に治療間隔をあけると症状がぶり返すこともあるので徐々に回数を減らしながら治療しています。

  • 【主訴及び状況】

    朝起きると目の前がぐるぐると回転しているのと同時に吐き気に襲われた。

    病院で診察してもらうとメニエル症候群と診断を受け、投薬で治療することになったが1週間たってもあまり症状に好転がみられないためご家族のすすめで当院に来院された。

    【治療及び経過】

    ストレスが溜まり痰濁が頭部に昇ったために起こっためまいと診断しました。

    湿邪をさばくため陰陵泉穴と豊隆穴に瀉法をし胃が正常に働くよう治療しました。

    計3回治療を行った後、腰痛などで来院されていましたがめまいは3診以降起きず治癒しています。

    写真を撮るとき緊張されて笑顔ではありませんが体が楽になったと喜んでおられました!

    20161216_100846

  • 主訴及び状況

    ・およそ2年前から母親の介護などで忙しくなり、その時期から軽いうつ症状、息苦しさ、めまい、動悸が起こるようになった。

    ・日々に追われる毎日で病院にも行けず症状は悪化する一方

    ・顔色は黄黒く光沢が全くない。

    ・1ヶ月前の夜中、急に動悸が激しくなると同時に呼吸困難になり救急車で病院に搬送された。鎮静剤をうちしばらくすると落ち着いたためそのまま帰された。

    ・母親が特養に入居されたため少し時間に余裕ができご自身の治療のため来院された。

     

    【治療及び経過】

    初診日 平成28年5月9日

    (初診)

    脉力が乏しいためまずは補法をし様子を見ることにする。

    腎虚が強いので左照海穴に置鍼15分し初診を終えた。

    (2診目)

    症状はあまり変わらなかったが明らかに顔色が明るくなっていたため「きっちり治療すれば早く治りますよ。」と声掛けをしました。

    治療は初診同様

    (3~10診)

    動悸と息苦しさがほぼなくなり夜がよく眠れるようになってきた。

    うつ症状とめまいは減っているものの突如きついものがやってくる。

    脉力もだいぶしっかりしてきており腎虚もとれてきたので今までの治療に加えて肝鬱(ストレス)をとる経穴を組み合わせた。

    (48診)

    週に2回の治療を半年したところですが現在は全く症状は起こらず元気に過ごしておられます。

    元々山歩きが趣味とのことで、また歩けるぐらい体に自信を取り戻したいとの希望もあり現在も来院されています。

     

  • 〔症状及び状況〕

    以前から軽いめまいが起きる日があった。

    2ヶ月前に朝起きようとすると目の前がグルグル回転し、すぐに立ち上がることができなかった。

    その日から頭がフワーッとなり上を向くと吐き気を催し気分が悪くなる。

    〔治療及び経過〕

    体表観察すると手太陽小腸経の左右差が大きくなっていた。

    体の左上部に気の停滞が傾いていることを示している。このことにより体の平衡を保つバランスが悪くなりめまいが出現した。

    小指根元にある後渓穴から瀉法を加えたところ帰るときにはめまいが無くなり気分も楽になった。

    2診目に来院された時も回転性めまいは無くなりふわふわする感じが少し残る程度だった。

    現在は体調管理のため2週に1度来院されています。

  • 〔主訴及び状況〕

    3ヶ月前、歩いていると急に頭がフラフラしだし立っていられなくなった。

    一旦収まったものの、2日に1度は同じ症状が起こるため病院で診察を受けた。

    特に原因や病名は告げられず点滴と注射が行われたがめまい症状は変わらず、それ以降胸がザワザワする感じの不安感と息苦しさを覚えるようになる。

    仕事で1日7時間ぐらいパソコン作業をしているので慢性的に血不足であることが推測される。

    〔治療及び経過〕

    やはり、ツボの反応・脈を診てみると血不足の反応が顕著に出ていた。血を補うよう治療をすると日に日に良くなり、5回で略治したが日々のパソコン作業で慢性的に血が足りなくなってくるので定期的に来院されています。

  • 〔主訴及び状況〕

    2月初めごろから起立時にふわふわするようになった。さほど気にしていなかったが、2月の中旬に気温の上昇と下降を繰り返した時期からめまいがひどくなり、動作時にぐるぐると目の前が回転するようになった。

    病院の診断はメニエル症候群で、薬を服用することになったが薬の効果が切れるとまたぐるぐると目の前が回りだす。

    普段から甘いもの・お酒・スナック菓子の飲食が非常に多く、食生活は乱れている。

    〔治療〕

     食生活の乱れから体の中に湿邪が溜まっていることが1番の原因です。

    それに春の気温上昇に伴い、気が上ると同時に胃に停滞していた湿邪が頭に影響を及ぼしたために起こった症状です。

    胃腸の機能を回復させる下脘穴、湿邪を除去するための豊隆穴を使ったところ、次の日から大量に便が出るようになり、3診目の時点で起立時にふわふわする程度まで回復。

     4診目に色の黒い便がたくさん出ていることを確認。湿邪が順調に除去されており6診終了時点でめまいがなくなったため治療を終了。

    この患者様は治療中に今までの生活を変えられ、甘いもの・お酒・スナック菓子といった湿邪が溜まるものを一切止めてくださったため早期に回復されました。

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。