大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

不安神経症

  • 【主訴及び状況】

    ・2年半前、残業が続くようになって3ヶ月後から息がしにくい感じが出てくるようになった。

    ・時に話している最中にも起こるようになり言葉が詰まってうまく話せなくなる。

    ・仕事の会議中、突然お腹から何かが突き上がる感じになると同時に胸が詰まって苦しくなる。息ができなくなり意識が遠のき倒れてしまった。

    ・救急車で病院に運ばれた時には呼吸は落ち着いていたが胸は詰まったまま苦しさが残っている状態だった。
    診断は疲れと緊張から過呼吸になっただけだから少し休みをとれば大丈夫とのことであった。

    ・2日間休みをもらい休養をとっている間は症状は出ず落ち着いていたのでこれで治ったと思い仕事復帰した。
    それからは体調に問題なく過ごせていたが、1週間たった通勤時にまた突き上がる動悸、呼吸困難が起きいてもたってもいられず次の駅で降車した。

    ・その日から毎日不安感に襲われ1日数回発作が起こるようになってしまう。

    ・いろいろなところに治療に行ったが思ったように改善がみられなかった。友人の知り合いが同じ症状で当院に通い良くなったのを聞き通院されることになった。

    【治療及び経過】

    K様のパニック障害はいろいろな原因が複雑に絡み合って起こっています。

    K様の場合、原因の1つ1つが非常にきつく初診時に回復するまである程度お時間を頂くことを了解していただいた上で治療を開始しました。

    そうはいうものの数回治療すると毎日起こっていた発作的症状はすぐに治まりました。
    発作は出なくなったが通勤時の電車や上司と話をする時など嫌な場面がくると胸の詰まりや動悸がでてくるのは半年程続きました。
    しかし、食事の改善を積極的に行っていただいたこともあり、初診時に思っていたより早く回復していき8ヶ月たった頃からほとんど症状はなくなっていきました。
    現在はメンテナンスとして月1~2回通っておられます。

  • ・3年前に高速道路を運転中、手から上半身の血の気が引く感じになった。 

    ・呼吸が浅くなり、頭がフワフワしだしたので車を止め少し休憩した。

    ・10分ほど休んでいるとだんだん呼吸もしやすくなり引いていた血の気も戻ってくる感じがあったのでその日はそのまま帰宅することにした。

    ・次の日から胸に詰め物をしたような感じが常にある状態になり、急に激しい不安感が襲うようになった。

    ・病院では逆流性食道炎と診断を受け薬を服用していたが全く症状は変わらなかった。

    ・知り合いに聞いて他院にて鍼灸治療を週一で一年半通ったがそれでも症状は変わらなかった。

    ・それから漢方薬に切り替え、少し不安感はましになったが胸の詰まりは変化なし。

    【治療及び経過】

    問診の時点で便秘が解消されれば治る旨をお話させていただきました。
    その上で小麦粉系の食べ物、甘いもの、カフェインを摂らないようお願いをしました。(これらの食べ物は気を昇らせるためパニック障害などの症状がある方は控えていただいています。)

    週2回の治療を続けているとどんどん便が出るようになりました。体調に波はあるものの症状はみるみる改善され半年後には不安感は全くなくなり遠出もできるようになりました。

    たまにお菓子や外食をすると少し胸の詰まりがでるためメンテナンスとして来院されています。

  • 【主訴及び状況】

    2年程前から会社の事を考えると不安になり動悸が起こるようになった。
    とうとう自分ではいっぱいいっぱいになり、家族に会社を辞めるか相談しているとき何ともいえない不安感に襲われ号泣してしまう。

    それとともに全身が震えるぐらいの寒気に襲われ死にたい気分になった。
    仕事は続けることになったが生気はなくなり会話もぼそぼそとしゃべるだけになっている。

    心療内科に通ってから薬の効きも良くてなんとか仕事もできていたが、徐々に死にたい願望がでてくるようになり薬も強くなってきたためご家族の方から相談を受け当院で治療されることになった。

    【治療及び経過】

    13診:治療を始めて日常の不安感は減ってきたが、会社に行くと動悸がはじまり逃げたい願望にかられる。
    産業医の勧めで当分仕事を休むよう指導された。

    47診:ほとんど症状はでなくなっていたが会社に行って産業医と面談しただけで仕事のことを思いだし恐怖感が込み上げてきて息苦しさ、動悸が再発する。

    62診:再度、産業医と面談するも不安感、恐怖感、動悸も出ず落ち着いて話せたとのこと。
    復帰に向けて前向きな精神状態になってきた。

    75診:産業医が復帰できるであろうということで人事担当と面談し具体的な仕事内容や担当部署が決まった。
    この時も特に発作的な症状も出ず安定していた。

    ★その後、仕事復帰されてから間を空けながらご家族の方に連絡して体調や生活のことを聞いていますが順調に回復され喜んでおられました。

  • 【主訴及び状況】

    1年前から通勤時に電車に乗ると胸がザワザワするようになった。初めはすぐにおさまるので気にしていなかったが、ある日ザワザワ感が急にきつくなると同時に呼吸が浅くなり足に力が入らず立っていられなくなって倒れてしまった。

    30分程休んでいると楽になったのでただの貧血だろうと思っていたが、次の日からさらに症状が酷くなり不安感・動悸・呼吸ができないといった症状が頻発するようになる。

    病院、心療内科に通うも薬が増えるばかりで改善しないので何か治療法はないかと探していたところ当院のホームページの症例をご覧になっていただき来院されました。

    【治療及び経過】

    初診 平成29年8月8日

    仕事やプライベートのことで絶えず考え事があったため(本人はストレスとは感じていなかった)気血が常に体の上部に昇っており、慢性的に上実下虚の状態になっていたのが原因です。

    まずは気を下に降ろし呼吸ができる状態にして日常生活で不安を起こさせないようにします。
    それから、体の過緊張、便秘などを取り除いていき今後パニック障害が出にくい体作りをしていきました。

    週2回の治療を約半年続けていただき、今は仕事に復帰できました。
    一回パニック障害になるとまたでないかと不安になるので月に一回メンテナンスとして来院されています。

  • 整骨院を3院経営されている方で新しく事業を立ち上げようとした矢先、スタッフが次々に辞めていった。

    そのストレスと忙しさで体調が悪化しだし、ある時突然胸が圧迫されるような胸痛と激しい動悸が起こった。

    その症状が数日続き不安で夜もあまり眠れなくなり知人に相談したところ当院を紹介され来院された。

    心血の不足と停滞を取るように鍼をし、治療後に症状と脈の変化を診る為ベットでしばらく休憩していただいてたのですが、

    よほど楽になったのか「めっちゃ楽になりました。胸の痞えた感じが無くなりました!」と数回連呼されていました。

    その後も体調は順調で新事業の立ち上げもうまくいったようです。

     

     

     

  • 〔主訴及び状況〕

    3ヶ月前、歩いていると急に頭がフラフラしだし立っていられなくなった。

    一旦収まったものの、2日に1度は同じ症状が起こるため病院で診察を受けた。

    特に原因や病名は告げられず点滴と注射が行われたがめまい症状は変わらず、それ以降胸がザワザワする感じの不安感と息苦しさを覚えるようになる。

    仕事で1日7時間ぐらいパソコン作業をしているので慢性的に血不足であることが推測される。

    〔治療及び経過〕

    やはり、ツボの反応・脈を診てみると血不足の反応が顕著に出ていた。血を補うよう治療をすると日に日に良くなり、5回で略治したが日々のパソコン作業で慢性的に血が足りなくなってくるので定期的に来院されています。

  • 〔主訴及び状況〕

    1年ぐらい前から細かい動作(物を取ろうとしたときや針仕事をするときなど)をしようとすると、肘から先が固まったようになり震えてくる。

    ひどい時は指が固まり曲げにくいときがある。

    姑と夫と話をすると、とたんに顔や口の中が熱くなりだんだんこわばってしゃべりにくくなる。

    姑と考え方が合わずストレスを溜めているのを夫にわかってもらおうとするが、逆に姑の肩を持ち言い返されてしまう。

    自分の時間を過ごしているときや外出しているときは震え・こわばりも無く快調である。

    病院でリュウマチの検査をして、その可能性があるといわれ薬を処方され飲んでいるが、症状は一向に変わらない。

    〔治療〕

    ストレスが溜まりすぎたため肝気が上逆して起こった症状です。肝気が昂ぶりすぎたために胃の不調も加わり、口の症状も同時に起こっています。

    肝の昂ぶりを抑えるツボの中で、その日最も反応の強いところを選穴し治療していきました。

    初診のとき、刺鍼してすぐに「口の中の熱いのが消えていってます!」との声。

    治療後も、絡まってた体がほどけたようですと自分なりの表現で楽になったことを伝えてくださいました。

     治療をするたび手の震えや顔のこわばりがとれていき、今では姑さんと話をするときに少しのぼせる感じが出る程度で普段の生活では症状が出ることは無くなりました。

     

     

  • 今回のY様ですが症状が非常にきつく出たタイプのパニック障害でした。

    よりリアルにお伝えするため問診表に書いていただいたものをできるだけ忠実に載せてあります。

    〔主訴及び現在の状況〕

    1年半前に徹夜で勉強を3日ほど続けていた際に、深夜4時ごろ疲れたので立ち上がったところ、足先が痺れてその痺れが上に昇ってきて心臓のところにきた時に呼吸ができなくなって死ぬかと思って親に救急車を呼んでもらった。

    40分ぐらいすると落ち着いてきたので翌日から仕事に行ったが途中で手足が急に冷たくなって痺れだし、胸が締め付けられて窒息しそうになって数日休んだ。

    それからは数分の間隔で意識が遠のいて失神しそうな感じや血の気が引く感じが続いた。

    現在の主訴は常に不安感と息苦しさがあり増強したり緩解したりする。

    精神安定剤を服用している。飲むと少し楽になるが効果がきれると同じ。

    〔生活環境〕

    整骨院で5年ほど勤めたがあまりのストレスで半年前にやめた。

    ストレスのため暴飲暴食が続いていた。

    父の看病でのストレスや疲れもあった。

    現在はゆっくりしている。

    〔治療の経過〕

    初診:原因になっているのはストレス(肝鬱気滞)と暴飲暴食です。

    下痢が続き下焦が弱っているところに肝気が上逆したために起こった症状なので両方をうまくとってくれる天枢というツボを使用しました。

    2診目:初診の治療が非常にうまくいき、全体的に症状が軽くなったとのこと。前回同様の治療を行った。

    3診目:下痢は治まってきたが少し軟便気味。胸の締め付けと動悸はほとんど無くなった。喉の締めつけ感が残る。

    3~5診目までは上部の緊張をとるための配穴に変えた。

    6診目:日常生活ではほぼ問題なく過ごせるようになった。他人の車に乗った際に少し不安になる程度。

    もし調子が悪くなったら来院するように指導し治療を終了した。

    〔感想〕

    今回の治療がうまくいったのもY様が食事の改善に積極的に取り組んでくださったことが非常に大きかったです。

    今までは肉食やラーメン、カレーなどの油物でお腹に内熱をこもらせる食事が中心でした。それに加えてコーヒーもかなりの量を飲まれていました。

    内熱がこもっているところにコーヒーの気の上逆作用が入り症状を悪化させていたのでこれをやめていただくよう初診時に指導させていただいたのですが、本人も生活面が原因で起こっているのではないかと思っていたようで改善するいいきっかけになったと喜んでおられました。

    パニック障害の患者様を数多く診させていただいていますが、ほとんどの方は病院で検査を受け何も異常がないといわれて当院に来院されます。

    西洋医学の検査では何も異常がなくても東洋医学的な見方では必ず原因があります。その原因をしっかりと突き止めて治療していけば改善していきますので何かお困りのことがありましたらご相談下さい。

     

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。