大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

交通事故後後遺症

  • 【主訴及び状況】

    7ヶ月前、バイクに乗っていたとき右側から車が追突してきた。
    その後から全身がガチガチに固まったようになり、息を吸っただけで痛みが襲うようになってしまった。

    整形外科で治療をしていたそうですが少しましになった程度で毎日痛み止めを飲みながら生活されていたそうです。

    【治療及び経過】

    この症状は明らかに気の不通ですので全身に気が巡るよう治療しました。
    2診目の問診時で痛みや固まる程度が半分になり、Yさんは「もう治らない思っていたから希望が持てました!」と笑顔で話してくださいました。
    6診でほぼ痛みはなくなり痛み止め無しでも普通の生活が送れるようになりました。

  • [初診日] 平成27年9月12日

     

    [主訴及び状況]

    3年ほど前に車で停止中に後方から追突されてから、右腰の痛み・左下腿前部の痺れ・全身の倦怠感が出るようになった。

    右腰の痛み:朝すぐに起き上がれないので10分ぐらいストレッチをしてかゆっくり動き出すようにしている。

    特に冬がつらくカイロを張っていないと痛くて着替えやお手洗いも苦労する。

    前にかがむ動作をするとバキッと折れ曲がりそうな感覚になる。

    左下腿痺れ:日によって程度の波はあるが常に正座した後のような痺れがある。

     

    [治療および経過]

    背部の筋肉を診ると明らかに左右差があり右が盛り上がっている。

    逆に左の仙腸関節付近は陥凹して虚の反応が強い。

    この左右差が戻るような経穴を選び選穴していく。

     

    [初診~7診]

    朝がだいぶ楽になり、ストレッチをしなくても体を起こせるようになった。

    痺れの程度も軽くなり痛みが出るまではいかなくなった。

     

    [8診~16診]

    前にかがめるようになったことで大好きな園芸を再開できるようになった。

    腰に重さは残るものの痛むことはほとんどなくなっている。

    痺れは下腿前部全体にあったものが、足首あたりに少し残る程度まで回復している。

     

    [17診~21診]

    交通事故を起こしてからは外出するといっても近所のスーパーに行くぐらいだったが、半日程度ならいろんなところに出かけて歩いても平気になってきた。しかし、たくさん歩いた後は腰に重だるさが残る。

    現在もあと少し残っている症状をとるために来院されています。

     

     

     

  • 〔患者〕

    H様 女性 26歳 泉佐野市在住 

    〔主訴の状況〕

    8ヶ月前自分の車が停車中、後ろから追突され頚椎捻挫を起こした。

    直後から首から左肩甲骨までの痛み、可動域制限・左上腕から前腕までの痺れ・頭痛が発症。

    歯科衛生士をしているので、仕事に支障をきたす。

    整形外科で週3回、首の牽引・ローラーベット・ホットパックなど物理療法を8ヶ月行ったが、少しましになった程度で自賠責保険での治療を打ち切られた。

    それから3ヶ月、症状は残るもののどうしたらいいかわからず放置していたら、また痛み・痺れともきつくなってきた。そのとき当院に通っておられる患者様から当院の事を聞き来院されることになった。

    〔治療の経過〕

    初診:体の上下左右のバランスが崩れているのを整えるためお腹にある天枢というツボに7分置鍼をし

        た。体全体が緊張したように硬くなっており非常に敏感に反応しそうだったので鍼を刺さない

        接触鍼で全体的に筋緊張をゆるめて1回目の治療を終了した。

    2診目:痛み・痺れはあるものの程度が軽くなったとのこと。

        初診同様の治療をする。以降10診目まで同様の治療をした。

    11診目:以前は仕事で忙しい日が続くと疲れが溜まり痛みや痺れが増強していたが、最近はほぼ

         症状がなくなってきたとのこと。

    〔感想〕

    まったく治っているとはいえない状況で自賠責保険を打ち切られ、どこに治療に行けばいいのかわからず本当に悩んでおられたようです。

    本当にひどい話ですが当院に来られた患者様の中にも途中で治療を打ち切られた方は何人かいらっしゃいました。

    H様の場合、事故をしてから8ヶ月たってからの来院ですので回復に時間がかかるかもしれないということを了承してもらい治療に入りました。

    結果的にかなり早く回復することができましたが、今回は初診時に皮膚の肌理と緊張度合いから接触鍼で治療したことが最後までうまくいった要因だったと思います。

    結婚をひかえられていたので、症状がうまく取れてH様も私も一緒になって喜んでいます。

     

     

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。