大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

呼吸困難

  • 【主訴及び状況】

    2年前、私生活のストレスや仕事の悩みが重なり抑鬱傾向にあった。
    そんなとき仕事に行く途中の電車内で急に息苦しさ、ふらつき、動悸を覚えた。
    最初は疲れがたまっていてその日だけ調子が悪かったのだろうと思っていたが、だんだん発作的症状が起こる回数が多くなってきた。
    友人などの話を聞いていたこともあり心療内科や薬に頼りたくないと鍼灸での治療を考え当院に来院された。

    【治療及び経過】

    胸の熱感、季肋部の詰まりが顕著にみられた。上背部の反応点を主な治療点とし胸・季肋の鬱滞を取り除きその後、手足に引鍼を施した。
    発作が無くなるまで週2回来院していただいた。薬を服用していなかったことに加え、養生法をきっちり守ってくださったので約1カ月半で発作が取れました。
    それからは10日に1回ほどのペースで来院し、仕事復帰もスムーズにでき喜んでおられました。

  • 【主訴及び状況】

    ・2年半前、残業が続くようになって3ヶ月後から息がしにくい感じが出てくるようになった。

    ・時に話している最中にも起こるようになり言葉が詰まってうまく話せなくなる。

    ・仕事の会議中、突然お腹から何かが突き上がる感じになると同時に胸が詰まって苦しくなる。息ができなくなり意識が遠のき倒れてしまった。

    ・救急車で病院に運ばれた時には呼吸は落ち着いていたが胸は詰まったまま苦しさが残っている状態だった。
    診断は疲れと緊張から過呼吸になっただけだから少し休みをとれば大丈夫とのことであった。

    ・2日間休みをもらい休養をとっている間は症状は出ず落ち着いていたのでこれで治ったと思い仕事復帰した。
    それからは体調に問題なく過ごせていたが、1週間たった通勤時にまた突き上がる動悸、呼吸困難が起きいてもたってもいられず次の駅で降車した。

    ・その日から毎日不安感に襲われ1日数回発作が起こるようになってしまう。

    ・いろいろなところに治療に行ったが思ったように改善がみられなかった。友人の知り合いが同じ症状で当院に通い良くなったのを聞き通院されることになった。

    【治療及び経過】

    K様のパニック障害はいろいろな原因が複雑に絡み合って起こっています。

    K様の場合、原因の1つ1つが非常にきつく初診時に回復するまである程度お時間を頂くことを了解していただいた上で治療を開始しました。

    そうはいうものの数回治療すると毎日起こっていた発作的症状はすぐに治まりました。
    発作は出なくなったが通勤時の電車や上司と話をする時など嫌な場面がくると胸の詰まりや動悸がでてくるのは半年程続きました。
    しかし、食事の改善を積極的に行っていただいたこともあり、初診時に思っていたより早く回復していき8ヶ月たった頃からほとんど症状はなくなっていきました。
    現在はメンテナンスとして月1~2回通っておられます。

  • ・3年前に高速道路を運転中、手から上半身の血の気が引く感じになった。 

    ・呼吸が浅くなり、頭がフワフワしだしたので車を止め少し休憩した。

    ・10分ほど休んでいるとだんだん呼吸もしやすくなり引いていた血の気も戻ってくる感じがあったのでその日はそのまま帰宅することにした。

    ・次の日から胸に詰め物をしたような感じが常にある状態になり、急に激しい不安感が襲うようになった。

    ・病院では逆流性食道炎と診断を受け薬を服用していたが全く症状は変わらなかった。

    ・知り合いに聞いて他院にて鍼灸治療を週一で一年半通ったがそれでも症状は変わらなかった。

    ・それから漢方薬に切り替え、少し不安感はましになったが胸の詰まりは変化なし。

    【治療及び経過】

    問診の時点で便秘が解消されれば治る旨をお話させていただきました。
    その上で小麦粉系の食べ物、甘いもの、カフェインを摂らないようお願いをしました。(これらの食べ物は気を昇らせるためパニック障害などの症状がある方は控えていただいています。)

    週2回の治療を続けているとどんどん便が出るようになりました。体調に波はあるものの症状はみるみる改善され半年後には不安感は全くなくなり遠出もできるようになりました。

    たまにお菓子や外食をすると少し胸の詰まりがでるためメンテナンスとして来院されています。

  • 【主訴及び状況】

    2年程前から会社の事を考えると不安になり動悸が起こるようになった。
    とうとう自分ではいっぱいいっぱいになり、家族に会社を辞めるか相談しているとき何ともいえない不安感に襲われ号泣してしまう。

    それとともに全身が震えるぐらいの寒気に襲われ死にたい気分になった。
    仕事は続けることになったが生気はなくなり会話もぼそぼそとしゃべるだけになっている。

    心療内科に通ってから薬の効きも良くてなんとか仕事もできていたが、徐々に死にたい願望がでてくるようになり薬も強くなってきたためご家族の方から相談を受け当院で治療されることになった。

    【治療及び経過】

    13診:治療を始めて日常の不安感は減ってきたが、会社に行くと動悸がはじまり逃げたい願望にかられる。
    産業医の勧めで当分仕事を休むよう指導された。

    47診:ほとんど症状はでなくなっていたが会社に行って産業医と面談しただけで仕事のことを思いだし恐怖感が込み上げてきて息苦しさ、動悸が再発する。

    62診:再度、産業医と面談するも不安感、恐怖感、動悸も出ず落ち着いて話せたとのこと。
    復帰に向けて前向きな精神状態になってきた。

    75診:産業医が復帰できるであろうということで人事担当と面談し具体的な仕事内容や担当部署が決まった。
    この時も特に発作的な症状も出ず安定していた。

    ★その後、仕事復帰されてから間を空けながらご家族の方に連絡して体調や生活のことを聞いていますが順調に回復され喜んでおられました。

  • 【主訴及び状況】

    1年前から通勤時に電車に乗ると胸がザワザワするようになった。初めはすぐにおさまるので気にしていなかったが、ある日ザワザワ感が急にきつくなると同時に呼吸が浅くなり足に力が入らず立っていられなくなって倒れてしまった。

    30分程休んでいると楽になったのでただの貧血だろうと思っていたが、次の日からさらに症状が酷くなり不安感・動悸・呼吸ができないといった症状が頻発するようになる。

    病院、心療内科に通うも薬が増えるばかりで改善しないので何か治療法はないかと探していたところ当院のホームページの症例をご覧になっていただき来院されました。

    【治療及び経過】

    初診 平成29年8月8日

    仕事やプライベートのことで絶えず考え事があったため(本人はストレスとは感じていなかった)気血が常に体の上部に昇っており、慢性的に上実下虚の状態になっていたのが原因です。

    まずは気を下に降ろし呼吸ができる状態にして日常生活で不安を起こさせないようにします。
    それから、体の過緊張、便秘などを取り除いていき今後パニック障害が出にくい体作りをしていきました。

    週2回の治療を約半年続けていただき、今は仕事に復帰できました。
    一回パニック障害になるとまたでないかと不安になるので月に一回メンテナンスとして来院されています。

  • 主訴及び状況

    ・およそ2年前から母親の介護などで忙しくなり、その時期から軽いうつ症状、息苦しさ、めまい、動悸が起こるようになった。

    ・日々に追われる毎日で病院にも行けず症状は悪化する一方

    ・顔色は黄黒く光沢が全くない。

    ・1ヶ月前の夜中、急に動悸が激しくなると同時に呼吸困難になり救急車で病院に搬送された。鎮静剤をうちしばらくすると落ち着いたためそのまま帰された。

    ・母親が特養に入居されたため少し時間に余裕ができご自身の治療のため来院された。

     

    【治療及び経過】

    初診日 平成28年5月9日

    (初診)

    脉力が乏しいためまずは補法をし様子を見ることにする。

    腎虚が強いので左照海穴に置鍼15分し初診を終えた。

    (2診目)

    症状はあまり変わらなかったが明らかに顔色が明るくなっていたため「きっちり治療すれば早く治りますよ。」と声掛けをしました。

    治療は初診同様

    (3~10診)

    動悸と息苦しさがほぼなくなり夜がよく眠れるようになってきた。

    うつ症状とめまいは減っているものの突如きついものがやってくる。

    脉力もだいぶしっかりしてきており腎虚もとれてきたので今までの治療に加えて肝鬱(ストレス)をとる経穴を組み合わせた。

    (48診)

    週に2回の治療を半年したところですが現在は全く症状は起こらず元気に過ごしておられます。

    元々山歩きが趣味とのことで、また歩けるぐらい体に自信を取り戻したいとの希望もあり現在も来院されています。

     

  • [主訴及び状況]

    仕事中いきなり呼吸が苦しくなり、それと同時に激しい動悸に襲われた。

    休憩をもらってしばらくすると呼吸も落ち着きその時は元に戻った。しかし、その日の夜ベットに入ってもなかなか寝付けず30分ぐらいたったころまた昼間と同じ症状が現れた。

    次の日から同様の症状が1日に数回起きるようになったため常に不安感がつきまとって何も手につかない。 徐々に症状が悪化し不安感と共に恐怖感が現れ始め夜ほとんど眠れなくなった。

    パニック発作が起きるのが怖くて仕事に行くことができなくなり家でこもるようになってしまった。

     

    [治療及び経過]

    恋愛のもつれから2ヶ月以上悩んでいた。このことにより気が停滞していたのが一つの原因です。

    もう一つは夏の暑い時期だったので仕事中でも家でもクーラーがずっとかかっている環境だったことで下半身が冷え鬱滞している気が上に突き上がったことです。

    今回は徹底的に体の冷えを取り除き気が降りるように治療していきました。

    そして体が温まることにより鬱滞していた気がゆるみ、考え方が柔軟になることによって悩みの方も解決できればと思っていました。

    週2回の治療を1ヶ月した頃から明らかに状態がよくなり、毎日起きていた発作は出そうな気配はあるもののほぼ現れておらず夜がよく眠れるようになってきた。

    パニック障害は眠れるようになると早く回復できるのでここまではうまくいっています。体は良くなってきたけどまだ生活のペースは戻さないでくださいと釘をさしながら進めていく。

    2ヶ月たつと発作も動悸も落ち着き新たに仕事を探すことになった。

    恋愛の方も彼氏と別れることにしてサッパリしたと今では笑って話してくれています。

     

    K様はパニック障害にしてはかなり順調に回復されました。何故かというと、

    ・病院に行かなかったため薬を飲まなかった

    ・症状が現れてからすぐに来院された

    ・悩みはあったものの元来の性格は竹を割ったようなサッパリとした方

    ・内的要因(悩み)より外的要因(冷え)の方が強かったこと

    が考えられます。

    パニック障害の方がみなさん早期に改善される訳ではありませんが必ず治る症状です。

    困ってらっしゃることがあればご相談ください。治療を受けるかどうかはそれから決められても構いませんので。

     

  • 〔症状及び状況〕

    2年前、右のふくらはぎが痙攣し、そこから上に向かって順番に引き攣っていき全身が固まって動けなくなった。

    それから頻繁に起こり、ひどい時は意識が無くなりその場で卒倒してしまう。

    随伴症状は息苦しく呼吸しにくい・嘔吐・きつい肩こりなどです。

    2年間ずっと病院で処方された薬を飲み続けていたが、薬が効いている間は癲癇が起こらないが切れるととたんにひきつり・卒倒が起こる。

    このまま薬を飲んでいても治らないと思い両親に相談の上、当院で鍼灸治療を受けることを決意し来院された。

    来院されたときはほぼ毎日発作と卒倒があった。

    〔治療及び経過〕

    20診目:発作的な引き攣り・固まる感じはほぼ無くなったが、急な卒倒は週1~2回程度起こる

    30診目:治療経過も良く、来院間隔をあけていこうかといっていた矢先、テスト中に意識がなくなってしまう。

    39診目:この期間にもテストがあったが発作・卒倒は起こらず調子も良かったため来院間隔をあけて治療していく。

    ・39診までは週2回、それ以降は週1回の来院です。

    45診目:調子よく本人も発作や卒倒が起こりそうな気配が無くなったとのこと。

    もし悪くなる感じが出たらすぐに来院することを確認し卒業に至った。

     

  • 〔症状及び状況〕

    4年前、ある日突然息苦しくなり動悸しはじめた。毎日ではないが2~3日に一回ぐらいの割合で同じような症状が起こる。

    ほうっておけば治ると思っていたが、治るどころか益々回数が多くなってきたため病院に受診するも異常は見られず精神安定剤を処方された。

    薬が効いている間は気分もいいが、切れるととたんに息苦しさと動悸が襲う。どうにかしなければと思うと余計症状がきつくなる。

    ホームページで当院のことを知り、初めは相談だけということでお話をしましたが私の体験談や治療内容を聞きすぐに予約を入れて下さいました。

    〔治療〕

    お腹周りの邪が非常にきつかったのでそれを徹底的に除去していくようにしました。

    7診終わったぐらいから息苦しさが無くなり夜もぐっすり眠れるようになったとのこと。このときには顔色も良くなり笑顔でお話されることも多くなっていたのでよほどのストレスや生活の変化が無い限りきっちり治るだろうと確信しました。

    12診のときの問診で動悸はほとんどなくなりそれに伴う不安感もなくなっていたので週2回の治療から1回にしましたがそれからはきつい症状が出ることはありませんでした。

    毎日食事の時間が遅かったので、できるだけ早く食事を終えることや量を少なめにするなどといった食養生もきっちり守っていただいたおかげもあり早期に回復できました。

     

     

  • O様 32歳 女性 宝塚市在住

    この方は、喉のしまりがきついタイプのパニック症状で、いったん発作が出ると呼吸ができない時間が長く続き本当に苦しんでおられました。

    その苦しみは6年ほど続き、外出も減り自宅で引きこもる毎日で生きているのが辛いと家族に漏らすようになっていたそうです。

    何とかしなければと家族が当院のホームページを見つけて「お問い合わせ」からメールを頂いた事から治療する事になりました。

    本人は今まで何をやっても改善しなかったので当院で治療を受ける事に関しても、始めはあまり乗り気ではなかったようです。

    ですが、5診目ぐらいから徐々に呼吸がしやすくなったのを期に治療に対して俄然やる気になり、そこからは私が伝える養生法もきっちり守るようになりました。

    治療をして3ヶ月あたりから頻繁に発作が起きることがなくなり、外出する事に苦痛もなくなってきました。日常生活に自信がついた事で本人もこれで改善していくんだという思いがでたようです。

    半年たったころから仕事にも復帰され、治療は発作がでないよう1ヶ月に1回だけ来る事になりましたが今のところ発作は出ないで調子よく生活できているようです。

     

    この方は、初期治療でうまく結果が出てくれたので最後まで順調に行きました。しかし、数ヶ月治療をしても症状が一進一退の方もいらっしゃいます。

    ですが、今までの治療経験上、あきらめずに続けた方は必ず良い結果が現れています。

    少しでも早く改善が見られるように研究を重ねていきたいと思います。

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。