大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

坐骨神経痛

  • 【主訴及び状況】

    ・5年程前から両方の下腿が痺れるようになり、歩く時に左の腰が上がり左右に振れる歩き方になり始めた。

    ・だんだんと長い距離を歩くことができなくなり、一旦休憩するとまた歩けるようになる間欠性跛行を示すようになった。

    ・整形外科や整骨院で治療していたが徐々に痺れがきつくなってきたため病院で検査し手術しようか迷っているとのこと。

    【治療及び経過】

    左右の虚実の差が非常に大きくなっていたのでそれを揃えるよう虚側を補うことをメインに治療を進めていきました。

    3回目を終えて歩いていただいたとき明らかに脚が上がりやすくなり左右のふれ幅が少なくなっているのが自覚的にも他覚的にも感じられた。

    週3回の治療を2ヵ月すると歩くのに支障はなくなりましたが、たまにふくらはぎがジーンとした正座の後のような痺れを感じることがあるので期間を開けながら治療を継続されています。

  • 【主訴及び状況】

    約2年前から左腰から臀部、大腿外側にかけて痺れ、疼きが出てきた。

    ゴルフが大好きで症状が出てからも止めることなくプレーを続けていた。ある時、ティショットを打った瞬間から激痛で動けなくなり今までの症状が悪化してしまった。

    夜は疼いてほとんど眠れず睡眠薬を飲んで何とかごまかしていた。

    当院に来院されるまでの間、整形外科やペインクリニック、マッサージ、整体などいろいろな治療を試みられたそうですが全く効果がなかったそうです。

    【治療及び経過】

    初診に来院された時は痛みのため真っ直ぐ歩くことができず、体を左右に振りながらベットに向かわれた。

    症状はひどいですが体のバランスの崩れははっきりしていたので時間はかかるが必ず治ると問診の時点でお話させていただきました。

    大腿内側の筋肉の左右差がきつくでていたのと腰椎と仙骨の継ぎ目が圧迫されロックされていたのでその箇所を集中的に治していきました。

    29年6月に初診で診させていただいてから週2~3回の治療で3ヵ月後には日常生活に支障がないところまで回復され、半年後には今までと変わりなくゴルフができるまで回復されました。

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。