大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

耳鳴り

  • 〔主訴及び状況〕

    ・4年前スーパーで貧血のようにフラフラし倒れたのが発端。

    ・いつも頭がふわっとしたすっきりしない感覚があり、1日数回頭を後ろに引っぱられるような感じや貧血の時のように意識が遠のく感じがある。

    ・常に恐怖感に襲われ家の外に出るのが怖く、病院の待合などで1人でいるとだんだん視界が狭くなりじっとしていられなくなる。

    ・薬の服用なしでは電車に乗れず、たとえ服用していても急行や特急には乗れない。外が見えている電車には乗れるが地下鉄は無理。

    ・頻繁に腹痛と下痢がある。夜中に多く、寝ているときに急に痛くなり目が覚める。

    ・耳鳴り:せみの大群がいてる感じ、パイプオルガンの音、キーンという金属音

    ・知的障害を持ったお子さん(斜視・会話がスムーズにできない・計算ができないなど)がいるので常に悩み事を抱えている状態。

    ・ケーキなどの甘いものが大好き。普段の食事でも湿熱邪が溜まりやすいもの(肉類・小麦粉系・ニンニクやニラ)が好き。

    ・性格は自分の思い通りにいかないと気がすまないタイプ。なんでも1人でしようとしてしまう。ものすごい心配性(特に子どもさんに対して)

    〔治療〕

    胃の症状もあり、心肝の症状もあり、腎虚の症状もあるといった程度のきつい患者さんです。

    しかし、詳しく問診することと体表観察をきっちりすることでどの部分が本元であるかをきっちり見極めることでできるだけ早期の治癒が見込めます。

    初めの7診目までは肝気鬱結をとっていくことを最も重要視し、肝気の鬱滞を表しているツボの反応を診ながら邪気を取っていきました。

    週2回の治療だったのでここまで約1ヶ月ですが頭を引っぱられる感じ・夜中の腹痛・耳鳴りはほとんど気にならなくなりました。

    家の外に出るのは以前よりは楽になったもののもし外出先でパニック発作が起きたらどうしようという不安が残りなかなか薬を手放せないという状態。

    この頃から知的障害を持った娘さん(小4)も同時に治療するようになり、お子さんがみるみる回復するのを見てお母さんのほうもどんどん不安感が無くなり薬なしでも外出できるようになって来ました。

    3ヶ月経った頃から徐々に治療間隔をあけていき、今では体調維持のために来院される程度まで回復されました。

    もちろん急行や地下鉄に乗っても発作は起きませんし、スポーツをしてもフラフラしたりもありません。

     

     

     

     

     

     

  • 〔症状〕

    2年ほど前から右耳にせみが鳴くような耳鳴りが起こりだした。それと同時期に夜中に3~4回トイレで目が覚めるようになる。

    耳鼻科に半年通ったがまったく効果はあらわれず、頻尿のほうも薬を飲んで少しましな程度。

    当院の患者様に紹介され、何もしないよりましと思い、遠方で通うのに時間がかかるが来院することを決断される。

    〔治療〕

    脈診、体表観察から腎虚症と診断する。その日に一番反応の強いツボに長いめの置鍼を行う。

    生活面の養生として甘いものは体を冷やすので控える事、足がかなり冷えているので毎日足首までの足湯を20分行うことを守っていただきました。

    週1回の治療を10回したところでだんだん耳鳴り、頻尿とも程度が軽くなってきだし、17診目にはほぼ消失しました。

    〔感想〕

    週1回の治療をすごく楽しみにしておられましたが、治ったときはうれしい反面、通えなくなるのが少し寂しいとおっしゃっていました。

    体調管理のために1ヶ月に1度ぐらいのペースで通っていいですよというと満面の笑みで「是非そうします!」との声。

    こうやって一人でも多くの方の笑顔を取り戻せるよう今後も治療を続けていきたいと思います。

  • 春の時期はだんだん暖かくなり気分もよくなりやすいと思われがちですが、決して皆さんがよくなるわけではありません。

    イライラのたまっている人、我慢の多い人、甘いものが好きな人はこの時期に症状がきつくなります。

    今回の症例はストレスから起こるめまいです。結構思い当たる方も多い症状だと思います。

    〔主訴の状況〕

    朝起きて立った瞬間、目の前がぐるぐると回りだし気分が悪くなる。

    数日前から左の耳にキーンという音の耳鳴りがあった。

    半年前から家庭内で問題がおき、夫からぐちぐちといろいろいわれるようになった。

    ストレスが溜まりドカ食いをしてしまう。

    〔治療の経過〕

     初診:ドカ食いをしていたため胃内に痰濁がたまり、それが春の肝気の上昇とストレスから来る肝気の上昇が重なり一気にきつい症状になってしまった。

    頭のてっぺんにある百会というツボに10分置鍼をしそのまま抜く瀉法を行った。

    抜いてから10分ほど休憩してもらっているとだんだんぐるぐると回転する感じが取れてきた。

    2診目:回転する感じはなくなったが頭がブワーッと熱くなりフワフワする。

    初診と同様の治療を行った。

    3診目:めまい・耳鳴りともなくなった。

    たまった湿邪をとるため胃経にある豊隆というツボに治療を行った。

    ☆2ヵ月後腰痛の為、来院されたがその後めまいと耳鳴りは出現していないとのこと。

    〔感想〕

    今回はどこかのお医者さんがおっしゃっている夫源病に相当するもので、夫源病とは読んで字のごとく、夫に対するストレスが原因で発症する不定愁訴のことを言います。

    めまい、耳鳴り、生理不順、肩こり、腰痛など様々な症状があります。

    I様はこれまでにもいろいろな症状で来院されていますがほぼ夫源病です。

    原因ははっきりしているのでなんとか家庭円満になって欲しいものです。

     

     

  • 〔主訴の経過〕

    2週間前から耳鳴り、聞こえにくい症状が出てきた。

    左のほうがきつい。

    低い音でジーッと頭の中でずっと鳴っている。響いている感じなので気持ち悪くなり、めまいがしたり吐き気を催す。

    1週間前に耳鼻科へ行ったが検査結果は異常なし。それから処方された薬を飲んでいるが症状は変わらず。

    〔治療経過〕

    慢性的な疲れが溜まっていたことや冷える場所での立ち仕事などで腎陽虚になったのが原因。

    初診時は、左の照海穴に15分置針した。

    2診目に問診したところ耳鳴りの程度は初診時より半減していた。同様の治療を加えた。

    4診目の問診では耳鳴り、聞こえにくい症状ともに改善し治癒とした。

    〔治療後の感想〕

    若い方の耳鳴りは原因がはっきりしており、比較的早く改善する傾向にあると思います。

    今回のA様の場合も一見重症に見えますが、悪くなった原因とそれに伴うツボの反応が一致していましたので予後は良好と診ました。

    高齢者の耳鳴りは年齢からくる体質の弱りがありますので、耳鳴りが発症して1年以上経過しているものに関しましては改善に時間がかかる場合が多いです。

     

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。