大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

肩こり

  • 主訴及び状況

    昔から肩こり症でひどくなると頭にわっかをはめられて締め付けられているような頭痛がある。

    ここ2ヵ月ほどひどい状態が続いており近くのマッサージ店や整骨院に通ったものの症状は改善されずにいた。

    Y様の姉が当院で耳鳴りが良くなったこともあり、「通うには遠いけど頑張って行ってみたら」とお声がけくださり来院されることになった。

     

    【治療及び経過】

    元々我慢できない、せっかちなタイプで物事がうまく進まないとイライラが溜まってくる。このような性格なので常に気が上に昇り上半身で気の停滞が起こりこのような症状が現れる。

    (初診)

    胸椎間を押さえていくとすべての経穴に圧痛があった。そのなかでも一番痛みの強い箇所から瀉法をして邪気を抜いた。

    気が昇っているため相対的に腎虚もみられるため志室穴に置鍼で補法を加えて初診を終えた。

    (2診目)

    前回術後肩こり・頭痛ともペインスケールで10→5に改善された。

    この時点でも「今まで何してもあかんかったのにめっちゃ楽になったわ~」とおっしゃっていました。

    「まだまだ楽になるから期待しといてくださいね」と言ってから2診目に入りました。

    前回の治療に風池穴(頭項部の窪んでいるところ)の瀉法をプラスしました。

    (3診目)

    肩こりは少し残るものの締め付けられる頭痛は全く無くなりました。

    治療は前回同様で行いました。

    その後、よほど嬉しかったのか遠方にも関わらず旦那さんと娘さんも治療に連れてこられ、今では1ヶ月に1度メンテナンスのため来院されています。

     

  • 〔症状及び状況〕

    2年前、右のふくらはぎが痙攣し、そこから上に向かって順番に引き攣っていき全身が固まって動けなくなった。

    それから頻繁に起こり、ひどい時は意識が無くなりその場で卒倒してしまう。

    随伴症状は息苦しく呼吸しにくい・嘔吐・きつい肩こりなどです。

    2年間ずっと病院で処方された薬を飲み続けていたが、薬が効いている間は癲癇が起こらないが切れるととたんにひきつり・卒倒が起こる。

    このまま薬を飲んでいても治らないと思い両親に相談の上、当院で鍼灸治療を受けることを決意し来院された。

    来院されたときはほぼ毎日発作と卒倒があった。

    〔治療及び経過〕

    20診目:発作的な引き攣り・固まる感じはほぼ無くなったが、急な卒倒は週1~2回程度起こる

    30診目:治療経過も良く、来院間隔をあけていこうかといっていた矢先、テスト中に意識がなくなってしまう。

    39診目:この期間にもテストがあったが発作・卒倒は起こらず調子も良かったため来院間隔をあけて治療していく。

    ・39診までは週2回、それ以降は週1回の来院です。

    45診目:調子よく本人も発作や卒倒が起こりそうな気配が無くなったとのこと。

    もし悪くなる感じが出たらすぐに来院することを確認し卒業に至った。

     

  • 〔主訴及び状況〕

    以前から肩こり・背中から腰の張りがきつく、1週間に1度は2時間のマッサージに通っていた。当初は、マッサージをしてもらうと気持ちよく体も軽くなっていたが、ここ2ヶ月ぐらいはしてもらってもあまり何も感じず体も楽にならないどころか余計に凝りがきつくなる。

    もっと揉まないとだめだと思ったH様は、毎日子供さんに背中や腰を踏んでもらったが目立った効果はなく、そのことを会社の同僚に話したところちゃんと診てもらえるところがあるからいってみたらと当院を紹介され来院されました。

     〔診断及び治療〕

    背中を見てみると肝兪から胃兪までが盛り上がってカチカチになっていました。こういった方は暴飲暴食が続いているはずなので実際聞いてみるとその通りで毎日夜寝る前まで飲みながらあてを口にしてる生活のようです。

    体の反応やツボの状態を詳しく診ていくとなぜ暴飲暴食に至ったのか原因がわかりました。ストレスが溜まったときにでるツボの反応がかなりきつくでていたので、いわゆるストレス食いの状態が長い間続いていたということが判明しました。

    頭にある百会穴や上部胸椎間の最も圧痛の強いところに瀉法を加える治療を2回した時点で、「先生、これやったらマッサージ行かんでもいけるわ。」とおっしゃれるほどに回復。

    4診終了時には「最近気が楽になって飲まんでもストレス溜まれへん感じがします。」とのこと。

    現在は、しんどいな疲れたなと思ったら来院されています。

     

     

  • 〔症状〕

    肩こりがきついので家の近くの整骨院でマッサージをしてもらったが、その夜から頭がフラフラし気分が悪く、体を支えているのが辛くなった。

    次の日、さらに肩こりがきつくなり顔が紅潮したのぼせ症状とめまいを発症した。

    〔治療〕

    体の上部ばかりにきついマッサージをされたため気が昇ってしまいのぼせとめまいを発症したものと思われる。

    問診と体表観察からもともとストレスをかなり溜めていたので肝鬱がきつかったのも1つの原因である。

    下腹部にあるツボを使い気をひき降ろすことを主眼においた治療を3回施した時点で、動作時にふわっとなる程度までめまいが回復した。

    4診目からは元々あった肝鬱を取り除く治療に切り替えたところのぼせとめまいの症状は完全になくなった。

     

  • 〔症状〕

    2週間前から頻繁に嘔吐があり、それに伴って頭が割れそうな頭痛が続いている。

    1日中パソコンの仕事というのが嫌で嫌で仕方ないが、すぐに辞める決断ができず過度のストレスがかかり症状が出たものと思われる。

    〔治療〕

    体表観察をしてみると頭にある百会というツボと右の手首の少し上にある内関というツボにかなり強い熱の反応がありました。

    過度のストレスからひどい肝鬱が起こった反応である。

    初診:精神を安静させることと胸の詰まりをとる目的で右内関に置鍼をした。みるみる楽になり安心したせいか涙がこぼれてくる。

    治療終了時に 「絶対治るから安心しときや。」と声をかけるとまた泣き出してしまった。

    2診目:3日後に来院されましたが嘔吐はまったくなくなったとのこと。頭痛もペインスケールで10→4まで減少した。

    この日は配穴は、気の上逆をとるため百会を使った。

    3診目:1週間後の来院でしたが、かなり楽になったようで笑顔でお話されていました。

    治療は2診目同様に行った。

    〔感想〕

     初診の問診時に泣きじゃくっていたので、他の患者さんに「先生、女の子泣かしたらあかんでー」と冷やかされたぐらいでした。

    あまりにも精神状態が悪かったのでちゃんと治療に来てくれるか心配でしたが、治療もうまくいき「遠いけど通ってよかったです。これからも何かあったらよろしくお願いします。初診のときは泣いてばかりですいませんでした。」と最後に笑顔で帰って行きました。

    どこに行っても良くならなかった方はまだまだたくさんおられます。1人でも鍼のすばらしさに気づいていただけるよう頑張っていきます!

  • 〔症状〕

    仕事で1日中パソコンをしているのが原因で、肩こり・頭重感・不眠が2年ほど続いていた。

    2週間前に寝ているときに息が止まり目が覚めた。以前からあったのかもしれないが今までは気づかなかった。

    〔治療〕

    パソコンで目や脳を酷使するため毎日かなりの気血が損傷されていたが、元々胃腸が弱く気血を作り出す量が少ないのも今回の症状が出現した原因といえる。

    それに加えて毎日長時間画面を見ているので気が上逆しているのも災いしている。

    消化が良くなる経穴を選び気血を増やすことと、頭と首の間を良く緩めて頭に酸素が回るようにすることを重点的に行った。

    3回の治療でかなりの改善が見られたが、仕事で疲れが溜まってくるとまた出てくるので定期的に来院されている。

     

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。