大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

腰痛

  • 【主訴及び状況】

    ・5年程前から両方の下腿が痺れるようになり、歩く時に左の腰が上がり左右に振れる歩き方になり始めた。

    ・だんだんと長い距離を歩くことができなくなり、一旦休憩するとまた歩けるようになる間欠性跛行を示すようになった。

    ・整形外科や整骨院で治療していたが徐々に痺れがきつくなってきたため病院で検査し手術しようか迷っているとのこと。

    【治療及び経過】

    左右の虚実の差が非常に大きくなっていたのでそれを揃えるよう虚側を補うことをメインに治療を進めていきました。

    3回目を終えて歩いていただいたとき明らかに脚が上がりやすくなり左右のふれ幅が少なくなっているのが自覚的にも他覚的にも感じられた。

    週3回の治療を2ヵ月すると歩くのに支障はなくなりましたが、たまにふくらはぎがジーンとした正座の後のような痺れを感じることがあるので期間を開けながら治療を継続されています。

  • 【主訴及び状況】

    約2年前から左腰から臀部、大腿外側にかけて痺れ、疼きが出てきた。

    ゴルフが大好きで症状が出てからも止めることなくプレーを続けていた。ある時、ティショットを打った瞬間から激痛で動けなくなり今までの症状が悪化してしまった。

    夜は疼いてほとんど眠れず睡眠薬を飲んで何とかごまかしていた。

    当院に来院されるまでの間、整形外科やペインクリニック、マッサージ、整体などいろいろな治療を試みられたそうですが全く効果がなかったそうです。

    【治療及び経過】

    初診に来院された時は痛みのため真っ直ぐ歩くことができず、体を左右に振りながらベットに向かわれた。

    症状はひどいですが体のバランスの崩れははっきりしていたので時間はかかるが必ず治ると問診の時点でお話させていただきました。

    大腿内側の筋肉の左右差がきつくでていたのと腰椎と仙骨の継ぎ目が圧迫されロックされていたのでその箇所を集中的に治していきました。

    29年6月に初診で診させていただいてから週2~3回の治療で3ヵ月後には日常生活に支障がないところまで回復され、半年後には今までと変わりなくゴルフができるまで回復されました。

  • 主訴及び状況

    〈初診日 28年8月26日〉

    連日35度を超える毎日で職場でも自宅に帰ってからもクーラーが強く入っていた。

    その為体が冷えて夏の間ずっと腰に重だるさを感じていた。

    25日、仕事から帰って自宅の階段を上がろうとしたとき急に腰が抜けたようになり力が入らずその場で動けなくなってしまった。

    母親が腰を15分ほどさすっているとだんだん抜け感が薄らいでいき動けるようになった。

    次の朝仕事に行こうと階段を降りようとしたとき昨日と全く同じ症状で動けなくなったため仕事を休み治療に来られた。

     

    【治療及び経過】

    初診~3診目

    腎陽を高め体を温めるように鍼をし、さらに命門穴に5壮お灸をすえ効果をあげるように治療をしました。

    治療後腰にしっかり力が入り痛みも軽減されるが、仕事場でのクーラーで体が冷えると腰に重だるさと抜け感が出てくる。

     

    4診目~6診目

    さらに陽気を増すため置鍼後、棒灸で腰全体を温めるようにしさらに大椎穴にお灸をし寒邪を取り除くように治療しました。

    治療の程度をあげたことが功を奏しこれ以降は痛み、抜け感とも現れずに過ごせているそうです。

  • 主訴及び状況

    スーパーでレジのお仕事を1日8時間位されている方で、初診日の4日前に仕事中急に左足がひきつりだして立てなくなってしまい家に帰ることになった。

    次の日も同じ症状が続いていたため仕事を休み病院でMRI検査を受けたところ椎間板ヘルニアとの診断をされた。

    お風呂に浸かっても左足だけ冷たく感じるようになり怖くなって、いてもたってもいられずとにかく早く治したい一心でネットで治療院を探されて来院されることになった。

     

    治療及び経過

    スーパーでのお仕事ということでクーラーが強くかかっている環境が影響を及ぼした症状です。体の冷えとそれに伴い血行が悪くなり気滞を起こしたのが原因です。

    (初診)

    体の左右差もかなりあったので鍼は片方だけに刺しバランスを整えることも重視しながら進めていきました。

    腎陽を高め体を温めるようにすることと仙腸関節部の硬さをとるため散鍼をし患部の気滞を取るよう施しました。

    初診後、痛み方がやわらぎ何とか仕事に行くことができたとのこと。

     

    (2診目以降)

    基本的には同様の治療をベースにしながらヘルニアを起こしている椎骨の間が広がるようにお灸も加えていきました。

    週2回の治療を1ヵ月したところで仕事に支障は無くなりました。徐々に治療間隔をあけていき現在は体のメンテナンスのため3週間に1度位のペースで来院されています。

     

  • [初診日] 平成27年9月12日

     

    [主訴及び状況]

    3年ほど前に車で停止中に後方から追突されてから、右腰の痛み・左下腿前部の痺れ・全身の倦怠感が出るようになった。

    右腰の痛み:朝すぐに起き上がれないので10分ぐらいストレッチをしてかゆっくり動き出すようにしている。

    特に冬がつらくカイロを張っていないと痛くて着替えやお手洗いも苦労する。

    前にかがむ動作をするとバキッと折れ曲がりそうな感覚になる。

    左下腿痺れ:日によって程度の波はあるが常に正座した後のような痺れがある。

     

    [治療および経過]

    背部の筋肉を診ると明らかに左右差があり右が盛り上がっている。

    逆に左の仙腸関節付近は陥凹して虚の反応が強い。

    この左右差が戻るような経穴を選び選穴していく。

     

    [初診~7診]

    朝がだいぶ楽になり、ストレッチをしなくても体を起こせるようになった。

    痺れの程度も軽くなり痛みが出るまではいかなくなった。

     

    [8診~16診]

    前にかがめるようになったことで大好きな園芸を再開できるようになった。

    腰に重さは残るものの痛むことはほとんどなくなっている。

    痺れは下腿前部全体にあったものが、足首あたりに少し残る程度まで回復している。

     

    [17診~21診]

    交通事故を起こしてからは外出するといっても近所のスーパーに行くぐらいだったが、半日程度ならいろんなところに出かけて歩いても平気になってきた。しかし、たくさん歩いた後は腰に重だるさが残る。

    現在もあと少し残っている症状をとるために来院されています。

     

     

     

  • 〔初診日〕 平成27年 8月11日

    〔症状及び状況〕

    2ヶ月ほど前から腰が痛くなり、徐々に痛みが増したため整形外科で診察を受けた。

    レントゲンを撮り診断されるも特に悪いところは無いと痛み止めの薬を処方されたが痛みは引かず、8月9日の昼ごろ靴を履こうとしゃがんだ際に、腰に激痛が走りそれと同時に左大腿部(横から前にかけて)が痺れだした。

    それから痛みと痺れで歩くこともままならないため知人の紹介を受けて当院に来院された。

    〔治療及び経過〕

    初診 

    いつもどおり脈診・腹診・体表観察をして治療点を探っていくと仙腸関節が明らかに歪んでおりここを一番の治療ポイントとした。それに加えて腰の腎兪から志室にかけて左側が虚している。

    仙腸関節の左右を整えるため硬い側を緩めるように鍼をし、左志室穴に15分置針を施した。

    2診目

    腰の痛みは大幅に減ったものの、大腿部の痺れが残っている。

    前回の治療に加え左の太衝穴を使った。

    3診目

    痺れは10→3 仕事ができるまでに回復する。

    治療は同様。

    9診目

    痛み、痺れとも全く無くなり治癒とした。

    現在、体調維持のため1ヶ月に1度来院されているが、症状がぶり返すことも無く順調に過ごされています。

     

     

     

  • 〔症状及び状況〕

    33歳の時、重いものを持った時に腰に激痛が走った。それからよくなったり悪くなったりを繰り返していたが、47歳の時また腰に激痛が走り動けなくなった際、MRIの検査を受け腰椎4番のすべり症と診断を受けた。

    それからずっと左腰から下肢にかけてザワザワした痺れがあり、右足関節外側に筋肉がこわばったような引き攣り感がある。

    様々な治療院に通い治癒に向け頑張っていたそうだが、なかなか思うような効果が得られず知人の紹介で当院に来院された。

     〔治療及び経過〕

    お体を診ていくと一番悪くなっているのは仙腸関節でした。歪みがきつく左右差がかなりきつく出ていましたのでまずはこの部分を整えることに専念し治療していきました。

    7診したところで痺れ・痛みとも楽にはなっていたのですが後もう少しのところが取りきれず残っていました。

    すべっている腰椎の場所に負担がかからないような脊柱のカーブを付けるためお灸を加え、長年の苦しみからのストレスを改善させるツボもあわせて取るとみるみる効果が上がり、計11回の治療で長年苦しんでいた痛みから解放され当院からのご卒業に至りました。

     

  • 〔主訴及び状況〕

    以前から肩こり・背中から腰の張りがきつく、1週間に1度は2時間のマッサージに通っていた。当初は、マッサージをしてもらうと気持ちよく体も軽くなっていたが、ここ2ヶ月ぐらいはしてもらってもあまり何も感じず体も楽にならないどころか余計に凝りがきつくなる。

    もっと揉まないとだめだと思ったH様は、毎日子供さんに背中や腰を踏んでもらったが目立った効果はなく、そのことを会社の同僚に話したところちゃんと診てもらえるところがあるからいってみたらと当院を紹介され来院されました。

     〔診断及び治療〕

    背中を見てみると肝兪から胃兪までが盛り上がってカチカチになっていました。こういった方は暴飲暴食が続いているはずなので実際聞いてみるとその通りで毎日夜寝る前まで飲みながらあてを口にしてる生活のようです。

    体の反応やツボの状態を詳しく診ていくとなぜ暴飲暴食に至ったのか原因がわかりました。ストレスが溜まったときにでるツボの反応がかなりきつくでていたので、いわゆるストレス食いの状態が長い間続いていたということが判明しました。

    頭にある百会穴や上部胸椎間の最も圧痛の強いところに瀉法を加える治療を2回した時点で、「先生、これやったらマッサージ行かんでもいけるわ。」とおっしゃれるほどに回復。

    4診終了時には「最近気が楽になって飲まんでもストレス溜まれへん感じがします。」とのこと。

    現在は、しんどいな疲れたなと思ったら来院されています。

     

     

  • 〔主訴及び状況〕

    10日前、突然左腰から左脚裏側(指先まで)が引きつるようになると同時にきつい痺れが出だした。

    病院で神経ブロックの注射を3回打ってもらったが、余計に痛み・痺れがきつくなり手術を勧められたが手術は絶対に嫌ということで当院の患者様の紹介を受け治療に来られました。

    自力で歩くことは困難で、来院されたときも友人に車で乗せてきてもらい肩を抱かれながらベットまで行かないといけないぐらいきつい症状。

    その他の症状にめまい・耳鳴り・痔・むくみなどがある。

    長年にわたる心配事を抱えており、常に頭から離れない。

    仕事から帰るのが遅く、いつも寝るのが2~3時ぐらいになる。

    〔治療〕

    めまい・耳鳴り・痔・むくみという症状と夜寝るのが遅いということで下半身がかなり弱っているということがわかる。

    それに加え、長年の心配事で気が上逆し、上実下虚の状態になっているのが1番の原因である。

    それと仙腸関節の歪みがさらに症状を悪化させる原因となり神経圧迫を助長させている。

    初診から3診目は主に下半身に力を加え、気を下げる目的の鍼を行った。

    4診目からは上部胸椎の圧痛点を診てストレスをとる治療を加えながら、左右のバランスをとるような鍼を施した。

    7診終わった時点で普通に歩けるようになり、寒い地域に旅行できるまで回復。寒さで下半身が弱り悪化しないか心配していたがそれもなく治癒に至った。

     

     

     

  • 椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間にある髄核と呼ばれるゼリー状の部分が、外に飛び出し神経を圧迫して痺れや激痛を伴う症状です。

    K様は20代の頃、ゴルフ留学をしてプロを目指していることもあったそうですがヘルニアが原因で諦めたそうです。

    いろいろな病院にいき治療を試みましたが寛解せず、5年前に手術をして数年は調子よく過ごせていたのですが徐々に悪化しだし、初診時に診せていただいた時は右臀部から足先までの痺れがひどく、歩くだけでも痛みが伴うぐらいでした。もちろんゴルフはできず、復帰することは半ば諦めていたそうですが、当院での治療後の経過が良好なので紹介したいと思います。

    〔問診〕

    ・主訴は右臀部から足先までの痺れでひどい時は歩くだけでも激痛が走る。

    ・昔から肉食傾向

    ・仕事でかなりストレスを溜めている。

    ・昼夜問わずコーヒーを多飲(多いときは10杯ぐらい)

    ・便秘と下痢を繰り返す。

    ・4年前に手術で大腸ポリープを切除

     

    〔治療の経過〕

    初診~5診:肉食で内熱をため、コーヒーの多飲とストレスで気が上逆したために上実下虚の状態が長く続いた。それに肉食中心だったので便秘により体の左右差が生じヘルニア症状になったと考えられる。

    5診目までは内熱を取り除き、右の仙腸関節の硬さをとることに終始する。

    6~11診:5診終了時で普段の生活には支障がなくなって、内熱を取ったことでストレスをあまり感じなくなったとのこと。ゴルフの打ちっぱなし練習ではほとんど痛みを感じずに100球ぐらいは打てた。

    照海穴や志室穴を使い、下半身に気血がめぐる治療を中心に行う。

    ☆11診後にゴルフのラウンドに行ってもらったところ、打つことに関してはまったく問題なく、最後の4ホールぐらい歩行時に足が重くなった程度まで回復した。その後も治療を重ね、今ではラウンド中、直後とも痛みは無くなっています。

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。