大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

過呼吸

  • 【主訴及び状況】

    ・2年半前、残業が続くようになって3ヶ月後から息がしにくい感じが出てくるようになった。

    ・時に話している最中にも起こるようになり言葉が詰まってうまく話せなくなる。

    ・仕事の会議中、突然お腹から何かが突き上がる感じになると同時に胸が詰まって苦しくなる。息ができなくなり意識が遠のき倒れてしまった。

    ・救急車で病院に運ばれた時には呼吸は落ち着いていたが胸は詰まったまま苦しさが残っている状態だった。
    診断は疲れと緊張から過呼吸になっただけだから少し休みをとれば大丈夫とのことであった。

    ・2日間休みをもらい休養をとっている間は症状は出ず落ち着いていたのでこれで治ったと思い仕事復帰した。
    それからは体調に問題なく過ごせていたが、1週間たった通勤時にまた突き上がる動悸、呼吸困難が起きいてもたってもいられず次の駅で降車した。

    ・その日から毎日不安感に襲われ1日数回発作が起こるようになってしまう。

    ・いろいろなところに治療に行ったが思ったように改善がみられなかった。友人の知り合いが同じ症状で当院に通い良くなったのを聞き通院されることになった。

    【治療及び経過】

    K様のパニック障害はいろいろな原因が複雑に絡み合って起こっています。

    K様の場合、原因の1つ1つが非常にきつく初診時に回復するまである程度お時間を頂くことを了解していただいた上で治療を開始しました。

    そうはいうものの数回治療すると毎日起こっていた発作的症状はすぐに治まりました。
    発作は出なくなったが通勤時の電車や上司と話をする時など嫌な場面がくると胸の詰まりや動悸がでてくるのは半年程続きました。
    しかし、食事の改善を積極的に行っていただいたこともあり、初診時に思っていたより早く回復していき8ヶ月たった頃からほとんど症状はなくなっていきました。
    現在はメンテナンスとして月1~2回通っておられます。

  • ・3年前に高速道路を運転中、手から上半身の血の気が引く感じになった。 

    ・呼吸が浅くなり、頭がフワフワしだしたので車を止め少し休憩した。

    ・10分ほど休んでいるとだんだん呼吸もしやすくなり引いていた血の気も戻ってくる感じがあったのでその日はそのまま帰宅することにした。

    ・次の日から胸に詰め物をしたような感じが常にある状態になり、急に激しい不安感が襲うようになった。

    ・病院では逆流性食道炎と診断を受け薬を服用していたが全く症状は変わらなかった。

    ・知り合いに聞いて他院にて鍼灸治療を週一で一年半通ったがそれでも症状は変わらなかった。

    ・それから漢方薬に切り替え、少し不安感はましになったが胸の詰まりは変化なし。

    【治療及び経過】

    問診の時点で便秘が解消されれば治る旨をお話させていただきました。
    その上で小麦粉系の食べ物、甘いもの、カフェインを摂らないようお願いをしました。(これらの食べ物は気を昇らせるためパニック障害などの症状がある方は控えていただいています。)

    週2回の治療を続けているとどんどん便が出るようになりました。体調に波はあるものの症状はみるみる改善され半年後には不安感は全くなくなり遠出もできるようになりました。

    たまにお菓子や外食をすると少し胸の詰まりがでるためメンテナンスとして来院されています。

  • 【主訴及び状況】
    ・3年程前、1日に10回ぐらい下痢をする日が続いた。それから体温調節がうまくできず極度の寒がりになった。

    ・スーパーのレジで並んでいると突然過呼吸のようになり、息ができず全身が痺れだした。その後からソワソワ感、不安感、めまい等の症状が続くようになった。

    ・3年間、遠出はもちろん近くに出掛けてもすぐに帰りたくなり家から出るのが億劫になってしまった。

    【治療及び経過】
    週2回の治療で順調に回復し、13回目で近所に出掛けたり買い物をするのが問題なく行えるようになった。
    それで自信がついたのか、その後すぐ帰省するのに電車に乗らないといけなかったがパニック症状が出ることなく帰ることができた。
    急に治療間隔をあけると症状がぶり返すこともあるので徐々に回数を減らしながら治療しています。

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。