大阪市住之江区にある「伊東鍼灸整骨院」では、パニック障害・交通事故・関節リウマチ・その他様々な症状に対応致します。

 

患者様の声

頭痛

  • 主訴及び状況

    昔から肩こり症でひどくなると頭にわっかをはめられて締め付けられているような頭痛がある。

    ここ2ヵ月ほどひどい状態が続いており近くのマッサージ店や整骨院に通ったものの症状は改善されずにいた。

    Y様の姉が当院で耳鳴りが良くなったこともあり、「通うには遠いけど頑張って行ってみたら」とお声がけくださり来院されることになった。

     

    【治療及び経過】

    元々我慢できない、せっかちなタイプで物事がうまく進まないとイライラが溜まってくる。このような性格なので常に気が上に昇り上半身で気の停滞が起こりこのような症状が現れる。

    (初診)

    胸椎間を押さえていくとすべての経穴に圧痛があった。そのなかでも一番痛みの強い箇所から瀉法をして邪気を抜いた。

    気が昇っているため相対的に腎虚もみられるため志室穴に置鍼で補法を加えて初診を終えた。

    (2診目)

    前回術後肩こり・頭痛ともペインスケールで10→5に改善された。

    この時点でも「今まで何してもあかんかったのにめっちゃ楽になったわ~」とおっしゃっていました。

    「まだまだ楽になるから期待しといてくださいね」と言ってから2診目に入りました。

    前回の治療に風池穴(頭項部の窪んでいるところ)の瀉法をプラスしました。

    (3診目)

    肩こりは少し残るものの締め付けられる頭痛は全く無くなりました。

    治療は前回同様で行いました。

    その後、よほど嬉しかったのか遠方にも関わらず旦那さんと娘さんも治療に連れてこられ、今では1ヶ月に1度メンテナンスのため来院されています。

     

  • 〔主訴及び状況〕

    10年前、電車に乗っていると急に目の前がチカチカして息が浅くなり、冷や汗が大量に出てその場で倒れ、救急車で運ばれた。

    その時、病院では貧血と診断を受け「疲れが溜まっていたからゆっくり休めばこういう症状はなくなります。」といわれた。

    しかし、症状は一向に良くならず、電車に乗ると数回に一度は倒れてしまい救急車で運ばれるか医務室に運ばれるかということが続いてしまう。

    これでは仕事もできないと悩んでいると友人が心療内科を紹介してくれた。その心療内科でパニック障害と診断を受け、投薬での治療が始まった。

    7年間その心療内科での薬を飲み続けていたが、症状は変わらず起き続け今は薬の服用をやめている。

    現在の症状は上記のもの以外に、動悸・ジンジンする頭痛・上腹部痛・急にイライラして気持ちを抑えられないなどがある。

    〔治療〕

    問診すると食事面に少々問題がありました。辛いものと味の濃いものが好みということで、胃に湿痰が溜まっていたものが逆上せる事で症状が起こったと判断しました。

    初診から7診

    胃の負担を取ることと、上がった気を下に引き降ろすことを主眼において治療していきました。

    7診までにほとんどの症状がなくなり、電車に乗っても発作が起きなくなった。

    8診目

    年末のイベントやクリスマスで暴飲暴食したため腹痛と頭痛が起こった。

    本人曰く、少し前からイライラすることがあり、そのストレス解消のために暴飲暴食につながったとのこと。

    胃の邪気とストレスを同時に取ることのできるツボを選択したところ、その場で腹痛も頭痛も治まりました。

    9診以降

    症状も落ち着き電車で仕事に通えるようになったと喜んでおられます。

    養生のため10日に1度のペースで来院中ですが、胃に負担のかかるものをとったとき(具体的にはカレー、にんにくの入っているもの、肉類)は肩こりと頭痛が少し出るようです。

  • 〔症状〕

    2週間前から頻繁に嘔吐があり、それに伴って頭が割れそうな頭痛が続いている。

    1日中パソコンの仕事というのが嫌で嫌で仕方ないが、すぐに辞める決断ができず過度のストレスがかかり症状が出たものと思われる。

    〔治療〕

    体表観察をしてみると頭にある百会というツボと右の手首の少し上にある内関というツボにかなり強い熱の反応がありました。

    過度のストレスからひどい肝鬱が起こった反応である。

    初診:精神を安静させることと胸の詰まりをとる目的で右内関に置鍼をした。みるみる楽になり安心したせいか涙がこぼれてくる。

    治療終了時に 「絶対治るから安心しときや。」と声をかけるとまた泣き出してしまった。

    2診目:3日後に来院されましたが嘔吐はまったくなくなったとのこと。頭痛もペインスケールで10→4まで減少した。

    この日は配穴は、気の上逆をとるため百会を使った。

    3診目:1週間後の来院でしたが、かなり楽になったようで笑顔でお話されていました。

    治療は2診目同様に行った。

    〔感想〕

     初診の問診時に泣きじゃくっていたので、他の患者さんに「先生、女の子泣かしたらあかんでー」と冷やかされたぐらいでした。

    あまりにも精神状態が悪かったのでちゃんと治療に来てくれるか心配でしたが、治療もうまくいき「遠いけど通ってよかったです。これからも何かあったらよろしくお願いします。初診のときは泣いてばかりですいませんでした。」と最後に笑顔で帰って行きました。

    どこに行っても良くならなかった方はまだまだたくさんおられます。1人でも鍼のすばらしさに気づいていただけるよう頑張っていきます!

  • 〔症状〕

    仕事で1日中パソコンをしているのが原因で、肩こり・頭重感・不眠が2年ほど続いていた。

    2週間前に寝ているときに息が止まり目が覚めた。以前からあったのかもしれないが今までは気づかなかった。

    〔治療〕

    パソコンで目や脳を酷使するため毎日かなりの気血が損傷されていたが、元々胃腸が弱く気血を作り出す量が少ないのも今回の症状が出現した原因といえる。

    それに加えて毎日長時間画面を見ているので気が上逆しているのも災いしている。

    消化が良くなる経穴を選び気血を増やすことと、頭と首の間を良く緩めて頭に酸素が回るようにすることを重点的に行った。

    3回の治療でかなりの改善が見られたが、仕事で疲れが溜まってくるとまた出てくるので定期的に来院されている。

     

  • 〔患者〕

    H様 女性 26歳 泉佐野市在住 

    〔主訴の状況〕

    8ヶ月前自分の車が停車中、後ろから追突され頚椎捻挫を起こした。

    直後から首から左肩甲骨までの痛み、可動域制限・左上腕から前腕までの痺れ・頭痛が発症。

    歯科衛生士をしているので、仕事に支障をきたす。

    整形外科で週3回、首の牽引・ローラーベット・ホットパックなど物理療法を8ヶ月行ったが、少しましになった程度で自賠責保険での治療を打ち切られた。

    それから3ヶ月、症状は残るもののどうしたらいいかわからず放置していたら、また痛み・痺れともきつくなってきた。そのとき当院に通っておられる患者様から当院の事を聞き来院されることになった。

    〔治療の経過〕

    初診:体の上下左右のバランスが崩れているのを整えるためお腹にある天枢というツボに7分置鍼をし

        た。体全体が緊張したように硬くなっており非常に敏感に反応しそうだったので鍼を刺さない

        接触鍼で全体的に筋緊張をゆるめて1回目の治療を終了した。

    2診目:痛み・痺れはあるものの程度が軽くなったとのこと。

        初診同様の治療をする。以降10診目まで同様の治療をした。

    11診目:以前は仕事で忙しい日が続くと疲れが溜まり痛みや痺れが増強していたが、最近はほぼ

         症状がなくなってきたとのこと。

    〔感想〕

    まったく治っているとはいえない状況で自賠責保険を打ち切られ、どこに治療に行けばいいのかわからず本当に悩んでおられたようです。

    本当にひどい話ですが当院に来られた患者様の中にも途中で治療を打ち切られた方は何人かいらっしゃいました。

    H様の場合、事故をしてから8ヶ月たってからの来院ですので回復に時間がかかるかもしれないということを了承してもらい治療に入りました。

    結果的にかなり早く回復することができましたが、今回は初診時に皮膚の肌理と緊張度合いから接触鍼で治療したことが最後までうまくいった要因だったと思います。

    結婚をひかえられていたので、症状がうまく取れてH様も私も一緒になって喜んでいます。

     

     

     

     

  • O様 40歳 女性 西成区在住

    〔主訴の経過〕

    5日前から急に頭がガンガン痛みだしたが、その時は薬を飲むとおさまる位だった。

    ところが、その翌日から頭が締め付けられるように痛くなり、動くと何かで殴られているようにガンガン痛み、同時にめまいも起こるようになった。

    尋常じゃない症状だったので急いで大学病院で検査をしてもらうも何も異常は無く、ストレスや肩こりが原因ではないかという診断で症状を抑える薬を処方された。しかし、薬を飲んでも数時間は若干楽になるものの、すぐに元に戻ってしまう。

    現病歴としては糖尿病(インシュリンを打たなければいけない程度)、緑内障がある。

    〔治療経過〕

    元々、緑内障を患っていたということから肝鬱化火からの気逆があった。

    それが度を越して起こったものと考えられる。

    肝鬱と気逆をとる経穴に鍼を処方し初診を終了した。

    2診目:痛みは半分ぐらいになっているがまだまだ痛みがあり、我慢しないといけない程度。

    同じ治療を行った。

    7診目:ほぼ痛みがとれ、頭を左右に振ったときに少し残る程度。

    腎陰を補い体質強化を図るように配穴を変えた。

    10診目:症状が取れ、仕事をしてもまったく痛まないようになったため治療を終了した。

    〔感想〕

    初診で来られたときは一人で歩く事もままならず、ベットに横になるのにも冷や汗をかくほどでした。

    症状は激烈でしたが原因がはっきりしていたため予後は良とみました。なんとか早期に改善されて私も一安心でした。

    今回は頭痛の中でもきついほうでしたが、同じ原因から症状を発症している方はたくさんおられます。

    ストレスが溜まってくると肝鬱や気逆が起こる事が多いので運動をしたり趣味を持つ事でどんどん発散しいていきましょう。

     

     

  •  「患者様の声」を頂きました。

    U様 40歳 堺市在住
    G.W明け、発熱と激しい頭痛。その後全身の関節痛に苦しみました。診断はインフルエンザB型を引き金とした膠原病の疑い。幸い完全に膠原病というところまではいかなかったものの、ステロイド剤の服用は避けられませんでした。
    ステロイド剤の副作用、病気への不安から精神的にもかなりまいってきていた頃、伊東先生を友人から紹介していただき、どこがどの様に辛いのか少し話しただけでわかってもらえた事は、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
    ここで治療を受けると少しずつ少しずつ自分が回復していく事を実感でき気持ちも前向きになってきました。
    ステロイド剤も段階的に減らしていき、炎症も出ずG.W明けの頃を思うと、伊東先生出会えていなければ自分はどうなっていたかな・・・と怖くなります。
    病気から始まった先生とのご縁ですが、これからも大切にしていきたいと思っています。

診療時間

 


〒559-0002
大阪府大阪市住之江区浜口東2-7-22
TEL&FAX 06-6672-2685(予約制)
「南海電鉄 住吉大社駅」下車、徒歩5分程。
住吉公園横すぐ。